--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/12/02 (Mon) 活動報告!(木野祭編)

大変長らくお待たせ致しました、三ヶ月?いいえ、四ヶ月ぶりの更新ですね……
広報班仕事してぇ!!!(魂の叫び
と、いうわけで今回はあまり大学で認知されてないけど今年度代表こと五代目当主かるねがお送りしております。
と、いうわけでまずは先日(と、言う名の三ヶ月前に)宣伝しておりました木野祭での写真をPON!
木野祭
この時は一着衣装が間に合わず六福神でした……が、それでも六人もいる!
……え?舌の白塗りはなんだって?我々の一日マスコットです!!
さて、そんなこんなで各所に宣伝へ!
宣伝1

宣伝3
……すみません、シャッターチャンスがよくわからずこの二枚しかありませんでした……。
今後は専属カメラマンがメンバーにいるのでより高クオリティ・高品質のものをお届けします!
それでは今回の報告はここまで、また次回の更新をお楽しみに!

おまけです↓おまけ!


スポンサーサイト

精華おばけ会とは | comment(0) |


2011/01/05 (Wed) 節分おばけ2010を振り返る・後編

こんにちは!精華おばけ会メンバーのTです!
前々回、前回に引き続き、昨年度の節分おばけを写真と共に振り返らせていただきます(前編中編)。
(※全ての写真が、クリックで画像が大きくなります)


・2010年2月3日 節分おばけパレード
いよいよクライマックスとなる節分おばけパレードの日です。この日は学生だけでなく、京都精華大学の教員の方々や一般の方も参加して、皆で三条会商店街を練り歩くパレードを行いました。

この日は前日以上の大人数!昨日と同じように着替えたあと、真下教授による説明を皆で聞きます。
PICT0019_1_1.jpg

そしていよいよパレードが始まります!集まった学生たちは50人以上!皆で三条会商店街を練り歩きます!
写真には写っていませんが、司太夫さん率いるこったいの会の皆様もかけつけてくださいました。もちろん皆様仮装済みです!
PICT0015_1_1.jpg

そんな私たちを見て、驚いたり楽しんだりする通行人の皆様。ご覧下さい、こんなにたくさんの人垣ができていました!大勢の方々がパレードの様子を写真に撮っておられました。
PICT0032_1_1_20110105163403.jpg

パレードの面子を少しご紹介いたします。こちらは学生の皆。ドレッドヘアーの女学生姿やロリータ服の天狗など、さまざまな仮装をしています。
PICT0049_1_1_20110105163439.jpg

教員の皆様も!左が堤学部長、右が小椋教授ですね。学生は和装中心だったので、教員の洋装はなかなか目立っていました。
PICT0043_1_1.jpg

そしてこのパレードのためにわざわざ来てくださったのが、京都精華大学の阿波踊りサークルの皆です!この日は本当に彼らに助けていただきました。ありがとうございました!
PICT0038_1_1_20110105163440.jpg

そんなパレードの先頭を行っているのがこの猫娘。あえて誰か語る必要もないと思います(笑)
PICT0057_1_1_20110105163519.jpg

一般の方々も飛び入り参加してくださいました!こちらの方はダースベイダーですね!学生たちが「ダースベイダーや……」とかなり気にしていたのを覚えています。
PICT0069_1_1.jpg

パレードが折り返したので、先頭にもう一人追加しました。ダブル猫娘ですね!
PICT0089_1_1.jpg

当日はNHKなど複数のマスコミの取材が入っていました。こちらはNHKのレポーターさん。わざわざ仮装してパレードに参加してくださいました!ありがとうございました!
PICT0137_1_1.jpg

パレードには長年おばけを経験した方々も参加しています。さすがに仮装が凝っていますね……。素晴らしいです。
PICT0100_1_1.jpg

この傘はパレードを見た三条会商店街の傘屋さんがくださったものです。小道具としてありがたく使わせていただきました!
PICT0187_1_1.jpg

もちろん真下教授本人も仮装しています。パレードで忙しい合間を縫って、インタビューに答えてらっしゃいました。
PICT0159_1_1.jpg

パレードも終盤が近づいてきました。先頭を行くのは交代した死神(左)とパンダ(右)です!すごい組み合わせですね!
PICT0145_1_1.jpg

こうして大盛況の中パレードは終わり、皆で着替えたあと、事務所で打ち上げを行いました。パレードを見に来てくださった教員の方々からお菓子の差し入れも!皆で美味しくいただきました!
テンションが上がった皆はもう喋る喋る!おばけをやった一体感で、それまで知らなかった人ともずいぶん話しました。余談ですが、この2日間だけで私は友人がかなり増えました。まさにおばけで“福”を得たと言えますね!
そして、最後に皆で今日の様子が映されたテレビを見ました!見終わったあとは全員がいっせいに拍手!
PICT0197_1_1.jpg

これにて、二日間続いた節分おばけは全て終了となりました!楽しいとしか言いようのない時間を皆と共有できて、本当に嬉しかったです!
2010年度の節分おばけに関わった皆様、本当にありがとうございました!
PICT0133_1_1.jpg


……以上が昨年度の様子になります!私も記事を書くため編集をしていて、あの頃の感動がふつふつと蘇ってきました!早く今年度の節分おばけも行いたいです!
この昨年度の節分おばけの様子を見て、「参加したい!」と思ったあなた!ぜひ真下研究室にご連絡ください!参加して損はさせません!むしろ良いことだらけですよ!詳しくはこちらの節分おばけ2011のお知らせの記事をご覧ください!

化ける方も見に来られる方も、一ヶ月後の節分おばけを楽しみにしていてくださいね!

精華おばけ会とは | comment(0) |


2010/12/13 (Mon) 精華おばけ会の活躍

お久しぶりです!精華おばけ会メンバーのTです!
現在私たちは来年の節分おばけに向け、ひっそりと水面下で作業(三条昔語りのインタビューまとめや衣装づくりなど)を行っています。

そんな中、今回は今までの精華おばけ会の活躍を、第三者であるマスコミの皆さんからの視点でお送りします!
今まで、朝日新聞さんや京都新聞さんなどに私たちの活動を取り上げていただきました。その中からネットでも閲覧可能な記事をご紹介いたします。


2/2:節分おばけカフェについての記事烏丸経済新聞さん)
昨年度の節分おばけカフェの記事です!こちらの記事はYahoo!ニュースに写真つきで転載されたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
ちなみに、この写真に写っているパンダは他にもテレビなど多数のマスコミに取り上げられていました。目立つので注目されやすいんでしょうね。仲間内では「パンダの人気に嫉妬」という台詞が流行りました。

2/4:節分おばけパレードについての記事京都新聞さん)
昨年度の節分おばけパレードの記事です!やはりパンダが写っています!当日大活躍した阿波踊りサークルのことも書いてありますね!
あとこの記事でインタビューに答えているのは他ならぬ私です。後日親戚一同に「出てたね!」と言われて少々恥ずかしい思いをしました……。

11/5:立冬幕末おばけカフェ(準備)についての記事京都新聞さん)
先月の立冬幕末おばけカフェの、準備段階での記事です!おばけについてわかりやすく説明がされていますね。カフェ当日にはこの記事を読んだ方も多く来られていました。
そしてやっぱりインタビューに答えているのは私です。別に目立とうとしているわけではないんですよ!念のため……。

11/7:立冬幕末おばけカフェ(当日)についての記事京都新聞さん)
こちらは立冬幕末おばけカフェ当日の記事です!カフェが賑わっている様子がよく伝わってきますね!
写真に写ってた子たちは皆この記事を見て「恥ずかしい……」と言っていましたが、それなら私はいったい……。


他にも新聞に掲載された記事はいくつかあるのですが、ネットで閲覧できるぶんはこの4つになります。
また、京都新聞さんのオンライン記事は閲覧できるのが掲載されてから1年間のようです。来年の2月以降は2つ目の記事が、11月以降は3・4つ目の記事が読めなくなりますのでご注意ください。

これからも記事になったことを誇れるような活動をしていきますので、よろしくお願いしますね!

精華おばけ会とは | comment(0) |


2010/08/19 (Thu) 「節分おばけ」って何?

我々精華おばけ会は、「節分おばけ」を行うことを中心とした集まりですが、「そもそもこの節分おばけって何なんだろう?」という方も多いのではないでしょうか。
そのため、今回は節分おばけに関するQ&Aをまとめてみました。


Q.節分おばけってそもそも何のこと?
A.「おばけ」は節分の日に行う仮装(コスプレ)で、江戸時代までさかのぼることができる、京都の伝統行事のひとつです。コスプレパーティーとしても、古い歴史を持っています。
近年は花街の芸舞妓によるおばけが有名ですが、高度経済成長期以前の京の町では、老若男女を問わず、盛んに行われていました。

Q.厄除けの呪(まじな)いって本当?
A.節分は立春(季節のスタート)の前日。陰陽道の世界では、この晩にすべての秩序がいったん解かれてフリーになる、リセットの日と信じられてきました。だからオニも出るし、思わぬ福(富・若さ・良縁etc…)をゲットすることもできる、とびきり非日常の一日です。
この日に「いつもの自分」から離れて、化けてみる。これによって日常の積み重ねで溜まった精神的なアカやサビ―「厄」―を落とすのが、節分おばけの醍醐味です。

Q.どんな格好をすればいいの?
A.節分おばけは、おばけ屋敷のユーレイや妖怪とは、ちょっと違います。「いつもの自分」から離れた姿になれば、すべて「おばけ」です。
キモノ・着ぐるみ・アニマル・アニメキャラ・何でもOKです。時空も立場もフリーになって、カラフルな衣装やポップなメイクで変身しましょう。そして元気な春を迎えましょう。

Q.厄が落ちるのは化けた人だけ?見るだけでは?
A.「おばけ」は自分で化けるのが一番ですが、だれかの「おばけ」を見るだけでも、厄が落ちると言われています。化ける人も見る人も、節分の日は三条の「おばけ」に集合しましょう!そして、この一年の「厄」を落として「福」をもらいましょう!


…こんな感じです。わかりましたか?(わからないところがありましたら、メンバー達にどんどん質問してください!)
ですが、百聞は一見にしかず!来年の節分はぜひこの「節分おばけ」に、精華おばけ会と一緒に参加してくださいね!

精華おばけ会とは | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。